【Xcodeのお勉強】Navigation Controllerで遷移する

ぁ〜ナビゲーションコントローラーね。前の画面に戻ったりする時に使うやつだよね。画面上部にあるやつ。を、自分で実装してみました。

Navigation Controllerを設置する

EditorメニューのEmbed In > Navigation Controllerを選ぶ。てっきりUtility areaからだと思ってたけど違うんやな、と思ってエンジニアに聞いたら「rootを設定する勉強にもなるのでUtility areaからも使ってみたほうがいいっすよ」って返答が来た。

 

Embed inからを使わないパターン。まずUtility areaからNavigation Controllerをドラッグ・アンド・ドロップ。ここで仮に作られるRoot View Controllerを削除。

残ったNavigation ControllerからControlボタンを押しながら最初のViewControllerにドラッグ・アンド・ドロップ。「root view controller」を選択する。

できた。

ボタンと遷移先のViewController、画像を配置する

続いて遷移先のViewContorllerを設置する。今回は2つの画面を設置し、「猫だよ」「犬だよ」とタイトルを付けた。タイトルはViewControllerにNavigation Itemをドラッグ・アンド・ドロップすることで自動的に上部に配置される。

また、この時Aspect Fillにしていた画像がはみ出ていることがわかり調べたところDrawingの「Clip To Bounds」のチェックボックスをオンにすることでView Controllerの横幅にフィットした。ただし、このままだと画像側のサイズが大きすぎたため、Auto layoutで上下左右0を指定した。

セグエの設定

新しく配置したView Controllerと大元のボタンの配置しているView Controllerとを繋ぐ。

幾つかActionが設定できる
・Show・・・上に積み重ねる形で表示
・Show Detail・・・画面を置き換える挙動
・Present Modally・・・覆いかぶさるように新しいSceneを表示
・Presetn As Popover・・・ポップオーバーとして表示
・Custom ・・・画面遷移の見栄えを自作したい場合に使う

完成

これだけならコード書かずともできるんだな・・・

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう